エアロバイクINDEX

エアロバイクINDEX

エアロバイクINDEX

このページは「もっとも使われる標準体重の指標BMI 」の情報コンテンツです。
エアロバイクINDEX > もっとも使われる標準体重の指標BMI

豆知識

もっとも使われる標準体重の指標BMI

ダイエットには目標体重が欠かせません。もちろん、目標とする体重は、目的により個々で異なってくるでしょう。ただ、指標となる数値をしっておくことは、ダイエットを行ううえで、きっと役に立つと思います。まずはもっとも代表的なBMIについて見ていきましょう。

BMIってなに?

近年もっとも利用されている指標がBMIでしょう。正式名称はボディマス指数。「Body Mass Index」からBMIと呼ばれています。この指標は統計的手法から導きだされています。

「体重÷身長の二乗」の数値が体脂肪率と高い関連があると研究でわかり、BMIは、肥満度を示す指標として注目されてきました。肥満の判定基準に利用されるBMIですが、肥満の定義をWHOでは、25以上を標準以上とし、30以上を肥満以上としています。しかし、日本肥満学会では、日本人に適した数値を別に定義しています。22を標準体重とし、25以上を肥満としています。

肥満の判定基準(日本肥満学会)

  • 低体重 : 18.5未満
  • 普通体重 : 18.5以上25未満
  • 肥満(1度) : 25以上30未満
  • 肥満(2度) : 30以上35未満
  • 肥満(3度) : 35以上40未満
  • 肥満(4度) : 40以上

BMIを計算してみよう

 では、実際にBMIの計算方法を見ていきましょう。

BMI = 体重kg ÷ (身長mの二乗)

でBMIは算出されます。
身長の単位がセンチメートルではなく、メートルであることに注意してください。

例えば、身長:155cm 体重:62kgの場合、

1.55 × 1.55 = 2.4025
60 ÷ 2.4025 = 25.806・・・
BMIは、25.8となります。

一般的に標準とされるBMI22にするには、体重をどこまで減らせばよいのか。

1.55×1.55=2.4025
2.4025×22=52.855
52.9kg程度まで落とせば、標準体重となります。
つまり、目標とする体重を求めるには

(身長mの二乗) × 22

 となります。この計算式は覚えてね。この体重を目標にダイエットをがんばろう!

BMIではわからないこと

BMIは、肥満を身長と体重という2つの数値だけで導きだしているので、問題点もあります。

例えば、体脂肪率は考慮されていないので、スポーツを職業としている人たちのように、筋肉で体重は重いのに、体脂肪率が低い場合は、BMIの数値上肥満となります。また、隠れ肥満のように体重が軽いのに、体脂肪率が高い人は、太っていないので問題ないと判断されてしまいます。

それから、BMIと平均余命の関係も有名です。ある研究では最も平均余命が長いのは、標準体重(18.5以上25未満)の人ではなく、太り気味(25以上30未満)の人である、という結果が出ました。なので、BMIの数値を盲目的に信じるのではなく、目安として考えることが必要です。

エアロバイクINDEX 激安通販