エアロバイクINDEX

エアロバイクINDEX

エアロバイクINDEX

このページは「上手なレコーディングの方法 」の情報コンテンツです。
エアロバイクINDEX > 上手なレコーディングの方法

豆知識

管理人おすすめ!レコーディング

ダイエットの体重管理に欠かせないのがレコーディング!
レコーディングする上での注意点をご紹介します。

記録するのは朝と夜

目標体重が決まれば、その目標にむけてダイエットをがんばるわけですが、ただやみくもにダイエットをするのではモチベーションが保てません。ぜひ毎日の体重を記録してみてください。毎日記録をつけていけば、太る原因を見つけ出すことができます。

計測するのは、朝と夜、一日2回行ってください。朝は、起きてトイレに行ったあと。夜は夕食を食べたあとです。一日で一番体重が軽い時と一番重い時を記録につけます。実際の体重の推移として判断するのは朝の体重を使ってください。夜の体重を計測することで、その日一日どれほどの量を食べたか、確認することができます。

くじけずに続けるコツ

レコーディングは続けることが大事です。毎日朝と夜計測することで小さな変化に気づけるようになるからです。ただ、記録するのではなく、その推移がグラフとなって見ることができればよりわかりやすいですよね。便利なツールがあります。

ありがたいことに、NHKが便利なツールを提供してくれています。

iPhone、Androidのスマートフォンをご利用の方はぜひこのアプリを使ってみてください。PCや携帯でも会員登録が必要ですが、同じような機能を利用することができます。似た機能をもったツールは他にもたくさんありますので、使いやすいものを探してみてください。

必要な機能は3点です。

1.朝と夜、一日2回の記録ができる。
2.記録がグラフ化される
3.体重の記録時にメモを記載することができる

これらの機能は必須ですので注意してください。体重を記録する際に気づいた点をメモしてください。「焼肉を食べ過ぎたので増えた」とか「減ってうれしい」とか些細なことでもかまいません。気づきを記録すれば、小さな変化に気づきやすくなります。

レコーディングを習慣化することで、つけるのがだんだん楽しくなってきます。特に体重が減り始めると早く体重を計りたくなり、右肩下がりのグラフにしたいがために食事を減らすようになるなどダイエットにもいい影響を及ぼすようになります。

エアロバイクINDEX 激安通販