エアロバイクINDEX

エアロバイクINDEX

エアロバイクINDEX

このページは「体脂肪にも気をつけよう 」の情報コンテンツです。
エアロバイクINDEX > 体脂肪にも気をつけよう

豆知識

体重だけじゃない!体脂肪にも気をつけろ

体重だけを気にしていると、思わぬ落とし穴にはまることがあります。体重以外にも気をつけなければならない指標、体脂肪率について考えてみましょう。

体脂肪率ってなに?

体脂肪率は、体に占める脂肪の割合を表したものです。以前は病院でないと計れませんでしたが、最近では家庭用の体組成計が普及してきましたので、簡単にはかることが可能になりました。ただ、正確に計るには、やはり病院でCTスキャンを受ける必要があります。

標準的な体脂肪率は、男性で15~19%、女性では25%前後と言われています。

どうして体脂肪を計るのか

もっとも一般的な肥満の指標であるBMIは、身長と体重から導きだします。例えば、スポーツを職業としている人は、筋肉量が多いので、体重が重くなります。身長180cm体重の100kgのラグビー選手のBMIは30.9になります。このラグビー選手は肥満なのでしょうか。

また、隠れ肥満のように、体重は軽いのに内臓脂肪が多い人もいます。その場合は、BMIだけでは危険信号を見過ごしてしまいます。より適切な健康管理を行うためには、体脂肪率という指標にも注目する必要があります。

内臓脂肪は危険!アナタは大丈夫?

見た目は太ってないし、BMIも25未満。それなのに体脂肪率が高い場合があります。これをかくれ肥満というのですが、内臓脂肪が多いケースが大半なのです。運動せずに極端な食事制限でダイエットをした場合、脂肪と一緒に筋肉が落ちてしまいます。こんな状態でリバウンドすると筋肉は減ってるので、その分脂肪が増えたことになります。内臓脂肪がたまると脂肪の細胞から糖尿病や高血圧症、高脂血症を引き起こす物質が多く生成され、動脈硬化の原因となります。

動脈硬化が怖くて、メタボ解消のためにダイエットしたのに、適切ではないダイエットのためリバウンドしてしまうと、より動脈硬化に近づいてしまうという、何をやってるのかわからない気分です。

体重だけでなく、体脂肪にも十分気をつけましょう。

体脂肪を計るために。おすすめ体組成計

体組成計といえば、「タニタの社員食堂」で有名なタニタです。

体組成計

この体組成計 BC-705は、体重はもちろん、BMI、体脂肪率、内臓脂肪、筋肉量、基礎代謝量、体内年齢と様々な指標を計測することができます。便利なのがスイッチを入れることなく、いきなり乗れば、誰が乗ったかを認識して測定してくれることです。

事前に年齢や身長や年齢を登録しておけば、次回からはいきなり乗るだけです。ハンドルを握って水平に保つといった動作も必要ありません。乗るだけですべて測定してくれます。お値段も手軽なので、とってもおすすめです。

エアロバイクINDEX 激安通販